在宅福祉サービス

福祉機器・ビデオ等の貸出事業

当社協では、社協会員の皆さまに対して、市民や企業等から寄贈された車椅子・歩行器・シャワーキャリー等の貸し出しを行っています。ただし、在庫に限りがあります。

 

シャワーチェアー 車椅子 歩行器

 

※福祉機器を借用は、お住まいの地域の自治会加入が条件です。自治会加入が厳しい方は、当社協までご相談ください。

※事故等の保障はできませんので、ご理解いただきたいと思います。

 

ゆんたくコールサービス

ゆんたくコール

ひとり暮らしの高齢者を対象に、※「ゆんたくコール」を通して、在宅で安心して暮らしていただくための「見守り」を目的として行われています。
「ゆんたくコール」は定期的に行われ、パーソナリティはすべてボランティアによって行われています。

※「ゆんたく」=沖縄の方言で、「おしゃべり」の意味

 

 

要約筆記者(奉仕員)派遣事業

 

目的:
沖縄市に在住の聴覚障がい者の方々が、情報保障を必要とする場合に要約筆記者を派遣し、

意思伝達の手段を確保することを目的としています。

 

対象:

沖縄市在住の聴覚障がい者等が、次の①~⑤に利用する場合

①医療機関(受診・治療等)

②公的機関等(市役所での手続き等)

③教育・保育(授業参観・入学式等)

④社会参加活動(会議・行事・集会等)

⑤その他実施主体が必要と認める場合

 

利用料:

無料 (但し、活動中に奉仕員の実費負担が出る場合には、別途利用者負担となります)

 

利用方法:

沖縄市社会福祉協議会へ利用日の2週間前までに専用の申込用紙を提出。その後派遣の調整を

行い、ご連絡いたします。

 

連絡先:

 

〒904-0003 沖縄市住吉1-14-29社会福祉法人 沖縄市社会福祉協議会TEL 098-937-3385 FAX 098-937-3422mail:sign2@okicityshakyo.com

 

地域福祉推進課まで

 

↓クリックすると、パンフレットと、申請書(個人用・団体用)が閲覧できます。

youyaku 要約団体要約個人

 

要約筆記とは

『要約筆記』とは、聞こえにくい・聞こえない方(聴覚障がい者)へ情報を伝える方法の一つで、話されている内容の要点をまとめ、文字として伝える事です。主に手話を習い始めたばかりの方や中途失聴・難聴の方などを対象としています。また、要約筆記をする通訳者のことを「要約筆記奉仕員」、「要約筆記者」と呼びます。

ノートテイク

・手書きによる情報保障 (ノートテイク)

手書き要約筆記

・手書きによる会場全体への 情報保障

パソコン要約

・パソコンによる会場全体への情報保障