島マス記念塾20期新報第17号発行

島マス記念塾20期新報第17号を発行しました。

今回は、2月14日に行われた第49回ディベート研究発表の結果をお伝えしています。

「日本型バレンタインデーは是か非か」をテーマに激しい討論が繰り広げられましたが、結果は引き分けとなりました。

今回は、30名以上の観客も詰めかけ、よりディベートを盛り上げていただきました。

コーディネーターの大田義浩さん(2期卒塾)、ジャッジを務めた19期卒塾生の比嘉豪さん、友寄ときさん、友寄景貴さん、喜屋武裕子さん、島袋良太さんありがとうございました。

 

↓クリックすると拡大します。

島マス記念塾からのお知らせ — ken 2013/02/22 17:16
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*