島マス記念塾第49回ディベート研究発表

2月14日に島マス記念塾第49回ディベート研究発表が開催されました。

この日に合わせたテーマの「日本型バレンタインデーは是か非か」で熱い熱い討論が繰り広げられました。

ジャッジの結果は、是側2・非側2・同点1で、引き分けとなりました。

これまでの長時間の勉強時間と激しい戦いのためか、終了と同時に感極まって、

抱き合う塾生もいて、感動的なフィナーレとなりました。

コーディネーターの大田さん、ジャッジを担当した19期生のみなさん、おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

                            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

                

 

 

 

 

 

 

島マス記念塾からのお知らせ — ken 2013/02/15 11:34
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*